【事業者の皆さまへ】集中対策期間における営業時間短縮等の協力要請について/札幌市

ただ時短要請は2月28日までの13日間とし、市内の感染状況に応じて解除を早める。

20

接待飲食店の休業要請は時短に緩和へ 26日から [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

相川商店相川富雄社長…「コロナ以降は(在庫が)3分の1ぐらいになっちゃっていますね」「ホテルも温泉もがらがらですからね」かつてこの倉庫は歩くのもやっとなほど野菜や果物で一杯だったと言いますが、観光・飲食業界の苦境に伴い仕入れ量も激減しました。 今月15日が期限だった。 ススキノでの時短要請は解除 【2021年】 1月7日 政府が東京など4都県に緊急事態宣言 14日 集中対策期間を延長(~2月15日)。

6

接待を伴う飲食店に対する営業時間短縮の要請について/札幌市

要請に応じた事業者には1日あたり2万円の支援金を支給(金額は調整中) ・人口10万人あたりの新規感染者数が週平均で15人を下回った場合は、早期の時短要請解除を検討(11日時点は約17人) 【小樽市】 ・感染リスクを回避できない場合の不要不急の外出を自粛(2月28日まで). しかし… 「今後、道外で感染が収まった時に、道内も収まっていないと経済対策で出遅れてしまう」(道幹部) 道は感染の再拡大を警戒し「継続」を主張したのです。 専門学校(札幌市) 7人 障害福祉サービス事業所(札幌市) 5人 旭川市の旭川駐屯地でのクラスターも1人増えています。

集中対策期間延長、札幌全域の飲食店に時短要請 道決定 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

一方、同じく今月いっぱい、札幌市と小樽市で感染のリスクを避ける対策がとれない場合に不要不急の外出やほかの地域との行き来を控えるよう求めている要請は新たなクラスターの発生や拡大が依然、続いている状況も踏まえ、国の感染対策の動向を見ながら慎重に取り扱いを判断することにしています。 札幌・ススキノで24時間「おにぎり」を販売するこちらのお店。 道の感染対策が飲食店ばかりに向けられていると不満を露にします。

時短要請終了で飲食店や市民から”期待の声”も「早く経済活動が戻ればいい」北海道札幌市

一方、支援金はこれまで国の交付金に加えて道と札幌市が出し合ってきたが、今回は札幌市は負担せず、給付事務を担う。 札幌市内全域の飲食店には今月28日まで、午後10時までの時短営業を求める。 12日の道の有識者会議では「対策期間が継続し、(道民の)対策疲れが出てもおかしくない。

13

【事業者の皆さまへ】集中対策期間における営業時間短縮等の協力要請について/札幌市

新規感染者数が減少傾向のなか、これまで以上の強い措置で感染を抑える方針だが、時短要請では解除を求めた札幌市との「すれ違い」が目立った。

道、札幌全域の飲食店に時短要請へ 2月28日まで(朝日新聞デジタル)

札幌市の飲食店への要請は、去年の11月7日から始まり、対象地域や業種などを修正しながら継続し、全面的に解除となればおよそ4カ月ぶりになります。 去年10月以降に急増した道内の感染者。 ここは、札幌中心部に近い食品の卸業者の倉庫。

16