記事一覧

冒頭、新宿歌舞伎町の風俗店から始まる近未来小説『黄禍』は、香港誌『亜洲週刊』で「最も影響を与えた20世紀の中国語小説100冊」にも選ばれている。 「革命」のような社会の大転換や大混乱を待つしかないのか。 内面と周囲の評価が食い違う勘違い物。

6

アレシボ天文台が崩壊 プエルトリコの巨大望遠鏡

エンジニアからは老朽化を警告する声が上がり、全米科学財団(NSF)は先月、望遠鏡の解体を発表したばかりだった。 かつての毛沢東時代、「大躍進」で「経済」が破綻し、数千万人が餓死しましたが、強固で緻密な統治メカニズムは少しも変わりませんでした。 とある鬱乙女ゲーの被害者と呼べる悪役令嬢の、 父になっていた。

16

中国発禁作家は予言する。「共産党独裁崩壊で中国は分裂する!」|文藝春秋digital

用語の意味は、「」を読めばだいたいわかります。

8

OEM製品のご紹介/第一電波工業株式会社

2020年12月14日 02:01 更新• 同天文台では今年、パラボラアンテナの上につり上げられていたプラットホームを支えていたケーブルのうちの2本が断線。

4

はてなアンテナ

【翻訳編集】AFPBB News. 「さらなる詳細は確認でき次第、発表する」と述べた。 つまり、中国共産党も、1歩退けば必ず崩壊する。

14

韓国の反応 総合アンテナ

この「砂山論」を敷衍すれば、国家の内的な危機が臨界状態を越えるならば、最後は1粒の砂のような変化でも崩壊に至ることになります。 初期の段階では、落下した砂粒の砂山への影響は小さいのですが、砂山がある程度の高さを越えると、「自己組織化臨界状態」に達して、砂山に「一体性」ができ、1粒の砂でも一種の「力の波」を起こし、たとえ微小でも、その影響は「一体性」を通して砂山全体を貫くようになります。 大学生だった男が目覚めると。

12